5G通信基地局制御装置の保護として

第5世代移動通信システム「5G」はこれまでの通信システムに比べて高い周波数帯を使うことで、「高速大容量、低遅延、多数同時接続」の通信が可能になります。

「高速大容量、低遅延、多数同時接続」が実用化されることによりIoT化が進み、これまでになかったモバイルサービスの提供や、遠隔操作システムの構築・導入、3D映像の配信など、さまざまな企業が新規参入を検討し、開発競争がスタートしています。

その一方で、電波の直進性は高くなり、減衰もしやすくなります。そのため、障害物の裏や長距離通信では性能が落ちます。

それらを解決するために、電波の中継点を多数設置する手法が設けられました。5Gの小型のアンテナを複数設置し、それらを統括する5G通信基地局制御装置の設置も必要になります。

三翠社が得意とする収容箱はそのような5G通信基地局制御装置を保護するために最適な製品になります。

ローカル5Gとは

ローカル5Gとは、企業や自治体が限られたエリア内に独自で構築する5Gネットワークのことをいいます。(それに対して通信事業者が構築する5Gネットワークをパブリック5Gやキャリア5Gという)従来の通信事業者でなくても、無線局の免許を取得さえすれば、運用をおこなうことができます。

パブリック5Gとは違い、独自のネットワークなので外部環境に影響されない安定した通信環境を確保でき、さらに高いセキュリティを確保できるので、利用者は安心してデータ送受信をおこなうことができます。
例えば、スマート工場でWi-Fiに置き換えてさらに広いエリアでのロボットの自動運転・遠隔制御をおこなったり、農場で農作物の生育監視、肥料散布などの利用が考えられます。

国としても注目しており、総務省は令和2年度中において、ニーズがあると考えられる一次産業、工場、インフラモビリティ等の分野で実証実験を実施。結果によっては企業による設備投資が加速し、急速に普及する可能性もあります。

当然、ネットワークの構築には通信機器の設置が不可欠であり、安定した通信を確保するためには外的要因から保護する収容箱が必要となります。

5G通信基地局制御装置とは

通信基地局制御装置は5Gの無線装置を制御するためのマザー装置になります。
5G通信基地局制御装置が故障すると関連するすべての無線装置に影響が及ぶ可能性があるため、決して故障してはならない重要な装置です。

5G基地局の保護に欠かせない機能

防水

水が侵入すると漏電や機器が損傷するの可能性があるため、どのような環境下であっても完璧な防水対策を施します。

地震対策

地震が発生しても、収容箱の中の精密機器に耐震金具を取り付けるなど、災害を最小限にとどめる設計にしています。

熱対策

室内が高温になると機器が正常に動作しなくなり、また火災の可能性も出てくるため、温度サーモによる監視や換気扇等による適切な温度管理をご提案致します。

景観保護

特定地域にて条例等で景観保護が制定されている場合、景観を損なわないようなカバーの形状や塗装を提案致します。

メンテナンス性

定期的なメンテナンスの必要性や緊急時に即時対応できるようにメンテンナンス性を考慮した設計を行います。

実績があるからこそ安心してお任せいただけます

三翠社では、これまで移動体通信設備の全国的な配置に貢献してきました。そのような実績とノウハウから貴社のご利用目的に合わせて、製品を提案させていただきます。

5G設備設置に関するご検討でしたら、ぜひ三翠社にお問い合わせください。