三翠社の設計思想

良い製品を安く、早く提供するための工夫

高品質への取り組みについて

収容箱は精密機器を長期的に保管するための設備です。お客様に安心してご利用いただくために、弊社は品質を第一に設計を行っています。設計はお客様の仕様に合わせて、各法律、規則に見合った強度設計や塗装などを行います。

低コストの実現について

製品の品質を落とすことなく、コストを削減するために「部品の共通化」や「部品の統合」に力を入れています。
部品点数の削減や量産により少しでも安く提供出来るように努力しています。

短納期の工夫について

現地での作業時間を短縮することで、全体の納期を短くする工夫をしています。現地での作業を簡易化するために、出来る限り弊社の工場内で部品を組み込んだり、お客様や現場担当者とのコミュニケーションを密にとることで素早い対応を可能としています。

現収容箱は精密機器を長期的に保管するための施設です。弊社はお客様に最適な製品を提供できるように日々努力しています。

三翠社の設計技術

限られたスペースを有効に使う設計

コンテナやキュービクルの限られたスペースの中で、機器操作や作業性を意識した内容の設計を提案してます。

特にメンテンナス性については入念に打ち合わせを行い、長期的に使用しやすい製品を提供します。

あらゆる面での技術的検討

強度計算、熱のシュミレーション、換気計算、照度計算、基礎設計などあらゆる面に対して検討を行い、お客様の要望にお答えできる設計を目指しています。

また、第二種電気工事士の資格保持者や条例キュービクルの申請を行う事ができる蓄電池設備の資格も保有しています。

コ
環境対策

積雪、塩害、耐風速などの外部環境を考慮した設計をしております。

これからの三翠社

今後の取組として、高気密性を高めたドアやコーキングレスを行うキュービクルなどの技術開発を行うことで、お客様らの新しいニーズに対してのチャレンジしていきます。

収容箱については是非弊社に御相談ください。