企画事業部 大阪工場

企画事業部大阪工場では現場調査から設計・製作・現場施工まで一貫した生産体制で、様々なキュービクル・コンテナ・器具箱・その他板金製作品などを再生可能エネルギー(太陽光・蓄電池)・鉄道・移動体通信・放送・防災・消防などの分野へ提供することで社会インフラ整備の一端を担っています。

また、安心な社会を作るため住宅や学校・発電施設などの地域の拠点となるエリアに蓄電池設置を進め、集権型から分散型のエネルギーシステムへ以降していく中、三翠社は少しでもこの社会つくりに貢献できる様、取り組んでまいります。

工場概要

住所 大阪府堺市堺区出島西町3-18
TEL 072-243-4381
FAX 072-243-4387
敷地面積 9,896㎡
建物面積 4,813㎡

アクセス

生産設備

名称 メーカー 型式 台数
ターレットパンチプレス アマダ EM-2510NT 1
プレスブレーキ アマダ FBDⅢ-2353NT1
アイアンワーカー アマダ IW-45Ⅲ 1
シャーリング 相澤鐵工所 A3H625 1
半自動溶接機     4
TIG溶接機 5
MIG溶接機 1
スポット溶接機 1
スタッド溶接機 1
メタルソー 1
ボール盤 1
ターレットパンチプレス

形状の異なった多数の金型を円状または扇状の「タレット」とよばれる金型ホルダーに配置し、NC制御によって、任意の金型で材料(ワーク)の所定の位置に所定の打ち抜き、成形加工をおこなう。凡用金型を連続して打ち抜くこと(追い抜き、ニブリング)で、板金を任意の形状に打ち抜くことが可能。

AMADA社製 EM-2510NT
最大プレス能力 200kN(20t)
加工可能最大板厚 3.2mm(軟鋼材)
最大ワーク移動量 X軸側 2500mm
Y軸側 1270mm
加工精度 ±0.01mm
(マイルドモード)±0.07mm
ターレット金型装着数 58本(最大サイズ φ100)
転造タップ 8本(M3〜M6)
プレスブレーキ

プレスブレーキでは、薄板の鋼板やアルミ板などの金属板を一定角度で直線的に曲げる加工をします。
機械フレーム下部にV溝加工されたメス金型(名称→ダイ)を固定し、このメス型に上下するオス金型(名称→パンチ)を押し込んで加工を行います。

AMADA社製 FBDⅢ-2353NT
最大プレス能力 1225kN(125t)
加工可能曲げ長さ 3000mm
バッグゲージ移動範囲 L軸側 500mm
Z軸側 50〜180mm
Y ±1293mm
曲げ加工可能板厚 6.0mm
アイアンワーカー

各種形鋼材の切断・穴あけ・切欠き加工が可能です。
多品種少量から量産まで、高速かつ高精度に能力を発揮します。

AMADA社製 IW-45Ⅲ
最大プラス能力 450kN(45t)
バックゲージ移動範囲 X軸側 3000mm
Y軸側 100mm(手動)
最大加工能力(SS400) アングル切断 t9×75×75mm
ノッチ可能 t9×75×75mm
チャンネル鋼加工 t5×50×100mm
フラットバー切断 t9×125mm
パンチ加工 t9×φ38mm
溶接加工場

材料に応じて、接合部が連続性を持つように、熱を加え、さらに、必要があれば適当な溶加材を加えて部材を接合します。

半自動溶接機(Co2) 4台
Tig溶接機 5台
Mig溶接機 1台
プラズマ溶断機 1台
交流スポット溶接機 1台